蜘蛛の糸

01.28(Fri).2005分類に関する内容の牡蠣出汁

分類に関する資料

(メモ程度のモノは非表示)

Folksonomy とい単語について

g:webweaver:id:kotastyle さんの g:webweaver:id:kotastyle:20050126#p1 weavin::Folksonomy から検索した結果以下のページがわかりやすかった。

RSS・トラックバックに次ぐ新しいブログのトレンドFolksonomy(Hotwired風見出し)
論文の翻訳と言葉の解説
Folksonomy : del.icio.usとFlickrを支える情報アーキテクチャ
言葉の易しい解説

分類に関する資料リンク

g:url:id:tredue:20050112

はんちゅう 【範疇】

(1)同じ性質のものが属する部類。カテゴリー。

(2)

〔哲〕

〔(ドイツ) Kategorie〕

実在や思惟の根本形式。概念のうちで最も一般的・基本的な概念。

(ア)アリストテレスで,事物を述語へと一般化する究極のもの。最高類概念。実体・量・質・関係・場所・時間・位置・状態・能動・所動の 10 項目。

(イ)カントで,経験的認識を得るための悟性の働きの形式。量(単一性・数多性・全体性),質(実在性・否定性・制限性),関係(実体・原因性・相互性),様相(可能性・現存性・必然性)の 4 項 12 目。悟性概念。

形             色
  本文           本文
    題名 上下      題名 グレー
    外枠 なし      下地 白
                    字   黒
  サイドバー    サイドバー
    題名 上下      題名 グレー
    外枠 囲い      下地 白
                   字   緑
                     反 橙


本文             サイドバー
  形               形
    題名 上下        題名 上下
    外枠 なし        外枠 囲い
  色               色
    題名 グレー      題名 グレー
    下地 白          下地 白
    字   黒          字   緑
                       反 橙


形状、形態、色、部所

  ものを判断する場合、視覚からの情報で形と色を認識し分類する。
1.形
2.色
と
3.場所(視角の中での方向)


分類に関する内容の追い炊き