weavin'

 | 

2005-08-020104

[][][]Account Autodiscovery Meets XHTML2

さてさて、Account Autodiscoveryの話題が落ち着いたらしいですね。XHTML文書中にそのままRDF/XMLな文を埋め込むのはどうなのかなあと思ったりしますが、まあコメントよりはいいかとも思ったり。

というわけでXHTML 2.0だとどうなるかを書いてみました。ソースを書くのに思ったより時間がかかってしまったので、「説明お願い」とか言われたら詳しく書くことにします。ではソースをどうぞ。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 2.0//EN"
  "http://www.w3.org/MarkUp/DTD/xhtml2.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/2002/06/xhtml2/"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://www.w3.org/2002/06/xhtml2/
                      http://www.w3.org/MarkUp/SCHEMA/xhtml2.xsd"
  xmlns:foaf="http://xmlns.com/foaf/0.1/">
<head>
  <title>Embedding Account Autodiscovery in XHTML2 Documents</title>
  <link rel="foaf:maker">
    <link property="foaf:holdsAccount">
      <meta property="foaf:accountName" content="hatena"/>
      <link property="foaf:accountServiceHomepage"
        href="http://www.hatena.ne.jp/"/>
    </link>
  </link>
</head>
<body></body>
</html>

長く見えるのですが、head要素内の情報(title以外)がAccount AutodiscoveryのRDF版と等価です。そのはず。

現在のドラフト(2005年5月27日版)にあるMetainformation ModuleMetainformation Attributes Moduleに沿って書いてあるので、これからの変更により変わっていくかもしれません。

とりあえず、XTHML2でのメタデータ表現はこうなるぞってのを書いてみたかったので書いてみました。ではでは。

追記追記。dc:creatorからfoaf:makerになったので、変更しました。

 | 
© 2004 kota.