weavin'

 | 

2005-01-060059

[] SWAD-Europe Final Draft

SWAD-Europe Final Public Draftなんてものが。Semantic Web Advanced Developmentという欧州とW3が共同でやってたSWプロジェクトだったのですが昨年10月に無事終了してそのレポート(ドラフト?)があがっている様子。ざっと最後の研究テーマなんかを読むと、面白いこといっぱいやってますね。ホントにゆっくりだけど進んでるんだなぁ。

[] Tag URI vs FOAF IFP

Tags, not mboxes?というrdfweb-devの投稿から。Tag URIというのがtag URI schemeというのを考えているらしく、それにより人にURIを割り振ることができるようになるので、もしRFCになったらInverseFunctionalPropertyなんかよりそっちを使った方がよくないかい、みたいなことを言ってるわけです。

そんなわけで「俺はURIじゃない」とか「だってIFPなんか信頼できないよ」みたいな言い合いがちょっと続いてます。

tag:なURIスキームはメールアドレスかドメインネームをIDの基にし、それに日付を加えてURIとするもののようです(より詳しくすることもできるみたい)。メールアドレス、ドメインネーム、、、それってFOAFのIFPにも採用されているわけだから、tag:で無理矢理URIをふってIDにする必要があんまりないんじゃないか、なんていう反論で締めくくられてます。たしかに。

ただtag:スキームができたらできたで、個人識別に強力なものとなるのは間違いないでしょうし、悪くはないかなぁと。個人のもともと持つものからURIを生成するので、人のURIをつくるサービスみたいなのではない、つまに管理されるという意識が取り払われるわけです。スマート。

まぁ双方「要らない」なんて言うよりも、あるなら使えばいいじゃないと思ったわけです、なんともRDF的ですが。

ちなみにtag:スキームはもともとAtomのatom:id用に作られているとのこと。面白いこと考えてますね。

 | 
© 2004 kota.