weavin'

 | 

2004-12-090053

[][] "X-FOAF" Mail Header

Ian DavisがメールヘッダにFOAFの情報を埋め込む方法について取り上げていました。FOAF and Thunderbirdというエントリが発端なのですが、vCardに続いてFOAFを使って個人の認証をするっていうのは面白いアイデアだなと思いました。

記事中ではThunderbirdでX-FOAF-URIなんていうメールヘッダを設定しています。user.jsまたはprefs.jsに次のようなことを書くとカスタムヘッダを定義できるようです。

user_pref("mail.identity.id1.headers", "foaf");
user_pref("mail.identity.id1.header.foaf", "X-FOAF-URI: []http://example.com/foaf[]");

id1という部分は複数アカウントがある場合、id2や3になる可能性があります。どのアカウントがどのidを持っているかは、prefs.jsの設定を見て推測できますので。

また、FOAFを埋め込むのであるならばその署名もあるとなおよいのではないかなんていう意見が出ています。

PGPによるFOAFの電子署名あたりに関わってくるのですが、たしかにこれらがうまく機能すれば、Web of Trustに一歩近づけるのではないかなぁと思います。

最後にMail.appでX-FOAFを埋め込む方法をみつけたので紹介しておきます。

[][] Lovelogtool+FOAF

LOVELOGツールというFirefox extensionの最新版が公開されました。FOAFの情報を別ウインドウにて表示してくれる機能付きらしいです。

残念なのはラヴログユーザのWeblogにしか対応していないという点。ソースを参考にさせてもらってFOAFerに搭載とかできるかしら。。。

sorasora2004/12/12 19:52FOAF Viewerという名前で切り出したみたいですよ。期待出来そうです。
http://blogs.dion.ne.jp/hi632/archives/340117.html

 | 
© 2004 kota.