InverseFunctionalProperty

InverseFunctionalProperty

owl:InverseFunctionalProperty

プロパティがinverse functionalであるもの。あるプロパティがinverse functionalであるとき、それが持つ値は、文の主語を一つに特定するという性質を持つ。

このため、owl:InverseFunctionalPropertyであるプロパティはIDの役割を成し、いろいろなところで利用されている。FOAFでは個人を特定する手段として、Inverse Functional Propertyが用いられている。

FOAFでのIFP

個人の情報を記述するFOAFにおいて必要なのが、その個人を特定する手段である。FOAF VocabularyではいくつかのプロパティがInverse Functional Propertyとして定義され、利用されている。FOAF VocabularyでInverse Functional Propertyとなっているものを次に記す。

mbox
メールアドレスURL
mbox_sha1sum
メールアドレスURLのSHA1ハッシュ
homepage
ウェブサイトのURL
weblog
WeblogのURL
aimChatID
AOL Instant Messengerのスクリーンネーム
msnChatID
MSN MessengerのログオンID
yahooChatID
Yahoo! MesengerのID
icqChatID
ICQのUIN (User ID Number)
jabberID
JabberのID

これらのプロパティを用いる時には注意が必要となる。プロパティがIFPとして定義されているのは個人を特定するためであることから、他人と共用しているメールアドレスや、複数人で管理するWeblogのURLをこれらのプロパティとして扱うことは認められないこととなる。