Dublin Core

Dublin Core

Dublin Core

Dublin Core Metadata Initiativeで進められている、どのメディアにおいても汎用的に使えるメタデータ記述のための語彙を開発するプロジェクト

開発されている語彙そのものをDublin Coreと表すこともある。

Core Elements

Dublin Coreの基本要素を次に示す。

Title
タイトル。リソースが公に知られるその名前を指す。
Creator
制作者、リソースの内容に責任を持つもの。人や組織などを記すことが多い。
Subject
テーマ、リソースの内容が持つトピック。まとめられた語彙を値に使うことが望ましい。
Description
詳細、リソース内容の説明。形式は定められていないが、要約、目次などが挙げられる。
Publisher
提供者、リソースの発行に責任を持つもの。Creatorに同じく人や組織などがよく記されている。
Contributor
協力者、リソースの内容に協力しているもの。人や組織などの名前を示す。
Date
日付、リソースに関する主要な出来事が起こった日付(更新日、作成日など)を記述する。ISO 8601の書式に則ることが推奨される。
Type
タイプ、リソースの内容が持つカテゴリ、ジャンルなど。まとめられた語彙を値にとることが推奨されている。物理的/デジタル化されているものには、format要素を用いることが定められている。
Format
フォーマット、リソースが持つ物理的/デジタル化されている性質。メディアタイプなどがあげられ、リソースを処理するソフトウェアやハードウェアを知るための手がかりとすることができる。MIMEなど、メディアフォーマットとして定められた語彙を使用することが望まれる。
Identifier
識別子、曖昧さのないものが必要とされる。URIやISBNなどが相当する。
Source
ソース、リソースが参照しているもの。公となる識別システムに従っている文字列や番号が望まれる。
Language
言語、リソースが書かれている言語。RFC 3066で定義されている言語コード書式で記述することが望まれる。
Relation
関連するリソース。公式な識別システムに従っている文字列や番号で記述するのが望まれる。
Coverage
リソースが示す範囲。地名や緯度経度などで表記されるものや、日付、管理している範囲など。地名や時代の名前が緯度経度や日付より推奨される。
Rights
権利。著作権や知的所有権などの権利に関する情報を記述する。この要素が記述されていない場合にリソースの権利情報を推測しても、それは何も意味しないことに注意すること。

* はてなダイアリーキーワード:Dublin Core